あぺりらが亡くなりました

あぺりらが亡くなりました_d0025294_18325430.jpg

10月19日の夕方、あぺりらが亡くなりました。
17歳6か月と18日でした。

いつもご覧頂いてる皆様、
あぺりらを可愛がってくださりありがとうございました。
感謝申し上げます。




リンパ腫と言われたのが、9月26日。
そこからひと月もしないうちに亡くなるなんて、予想もしてませんでした。

9月16日にたまたま撮っていた動画に、あぺりらが食欲旺盛にごはんを食べている様子が写っていて
まさかこの状況から10日後に、胸水がたまって抜いて、
そこから癌細胞が発見されてリンパ腫と言われるとは、思ってもいませんでした。



昨年秋から膵炎を患い、何度かよろしくない状況にもなったのですけれど
それでも点滴や注射、投薬によって、危機を脱して、
夏前くらいからは、ずっと良い数値を保つことが出来ていました。

膵臓は良くなったのに、下痢などの症状は確かに続いていて、
年齢的なこともあって、リンパ腫ということも頭の隅に置いておいてくださいね、、とは言われてはいたのですけれど。

でもまだ、頭の隅に置いておくくらいでいいですっていう感じでしたので、
まさかこんなに早くにそれが現実になるとは思いませんでした。


9月25日に突然熱を出して(熱が出たのは初めて)、その後呼吸が早くなり、
胸水がたまっていたようで、そこから癌細胞がたくさん出てきてしまって・・。
抜いていなかったら今晩にも危なかったと言われた上に、
何も治療をしなければ、あと2~3日か1週間の命と言われて、
何が何だかわからないままに抗がん剤治療の予約を入れました。


その後、抗がん剤治療のことなども含めて、専門家の話を聞き、自分でも調べて学び
とにかく良い方向へまたいけるように、前向きに頑張っていたところでした。

週一度で8回ワンクールということで、8回分の予約も入れていたのですけれど
4回目をやったところで終わりになってしまいました。

最期の一日は、レンタルしていた酸素室の中でしたけれど、
手を入れて撫でたり手を握ったりし続けて、手を握ったまま亡くなりました。








あぺりらが亡くなりました_d0025294_18325433.jpg

思ったよりも早くに亡くなってしまいましたけれど
最初の抗がん剤投与からは、これはいけるのかもと思えるくらいに元気になり
胸水もたまらず、呼吸も特に変わりなく過ごせて、
大好きな鯛やササミも毎日たくさん食べられたことが良かったなぁと思っています。

そして、さらにさらに、もうこれ以上ないってくらい一日中愛を注いで過ごせたことも。
その前から、そうではあったんですけれど、同じ愛の中でも気合い度が違ってた気がします。



そんなあぺりらがいなくなってしまって、悲しく寂しく虚しく
この大きな悲しみをどうしたらいいのか、わからずにいるのがほんとのところです。

毎日ずっと一緒に過ごしてきましたので、その喪失感は想像以上で
特にここ3~4年は、私自身が化学物質で体調を崩すようになって外出が難しくなり
家の中にずっといる生活になっていましたので、更に密接に、
気付けばいつも横に居るような状態でした。

そして、お喋りも上手で、幼児と同じくらいのお喋りはしてくれてましたし
私やLauraのことを心配しては、「よくない」「いいね」などなど、
都度アドバイスをしてくれて、とにかく親身に気遣ってくれていました。
私たちも同じことをしていたので、気遣いあっていたんですよね。




あぺりらがいない生活は、本当に悲しく寂しく、辛いです。
書いていても泣けてきてしまって、中断ばかりです。

でも、泣き続けていてはあぺりらが心配するでしょうから、
それはやめなければとも思ったりもします。
思ったところで、また泣けてくるんですけどね・・。

あぺりらが生きかえってくれでもしなければ解決できないことだと思いますけれど
それはありえないことですし。
もし叶うなら、そしてそんなことが実際にあるのなら
あぺりらが生まれ変わってまた私達の元へ来てくれたらなぁと。
あぺりらがそうしたいと願って、そんなことが起きれば・・のことですけれど。
でも、実際そんなことが起きたとしたら、どうやってあぺりらが生まれ変わったことを知るんだろう、
どこに行けば生まれ変わったあぺりらと会えるんだろうか・・。
起きるかどうかもわからないことを、真剣に考えたりしてる私です・・。



















クリスマスは終わっちゃいましたけれど
まだまだ楽しんで頂けたら♡









Lauraのyoutubeチャンネル。
こちらからどうぞ。


















Lauraが綴るLauraのブログです。
是非こちらもご覧くださいネ^^





気付けば窓の外は秋晴れ。
あぺりらがいたら、日差しの入ってくる窓辺で
庭を見たり、ごろごろしながら体を温めたりするんだろうなと。

あぺりらのことを思いながら
何とかちゃんと生きていかなきゃいけませんね。
あぺりらが一番それを望んでいるでしょうし。
あぺりらの叱咤激励の様子を思い浮かべて
なんとか頑張っていかなければと思っています。




ブログテーマ:我が家のペット
by CarolineIngalls | 2023-10-27 17:00 | | Trackback | Comments(22)
Commented by pinochiko2 at 2023-10-27 21:13
タイトルを見て、なかなか開けずにいました。
あぺりらさん、お空に行っちゃったのですね。
たくさん可愛い姿をみんなに見せてくれてありがとう。
いつだって、あぺりらちゃんの知的な眼差しと、柔らかな暖かい雰囲気に惚れ惚れしていましたよ。
優しい家族みんなにとても愛されて、本当に幸せな猫生だったよね。
手を握って送ることができたのも、とても幸せなことだと思います。安心していたんじゃないかなぁ。
悲しい気持ちで、涙が止まらないと思います。
御身体ご自愛ください。そして、ローラさん、お父様もどうかこの悲しみを乗り越えられますように。
あぺりらちゃん、本当にありがとう。
Commented by tarohanaazuki at 2023-10-28 13:41
私も↑pinochikoさん同様、クリックするのに時間がかかりました。
でもちゃんとお別れするべきと思ってお邪魔しました。

キャロラインさんもローラさんも、もちろんチャールズさんも、お力落としでしょう。
しばらくは無理やり心に蓋をしないで、いっぱい泣くのが最善の方法でしょう。
そして少し落ち着いたらあぺりらちゃんの思い出話を少しずつ聞かせてね。

あぺりらちゃん、お空の上から見守ってあげてね。
Commented by rinarina_216 at 2023-10-28 22:50
この間心配してメッセージしたときは
お薬も効いて元気だと聞いて安心していましたが
また更新がなかったので心配していました。

あぺりらちゃん逝ってしまったんですね・・
最後に一緒にいてあげられたこと本当によかったですね
とてもうらやましいです
私は最後にそばにいてあげられなかったので

あぺりらちゃんもこれだけ尽くしてもらったので
幸せに虹の橋へ渡ったと思います

あぺりらちゃんがそばにいない毎日が続いてて
悲しい日々をお過ごしのことと思います
本当にどうすればまた会えるのか考えちゃうのも
とってもとってもわかります

私はいまだにcottonに会えていません
ペットショップへ行ってもやっぱり
cottonはいなくて。
ほんとただただ会えない日々が続くばかりなんです。
夢では何度も会えましたが
楽しいばかりでもなく
cottonだったかな?みたいなのもあって。
だからもう想像力で会うしかないと思っています

あぺりらちゃんまだきっとそばにいてると思いますし
お空とお家と自由に行ったり来たりできると私は思っていて
そう思うことがが救いかなって
体はないけどそこにいるそう思っています

そばに姿はなくても
あぺりらちゃんのいろいろな姿や思い出
忘れないことが一緒にいることなのかなって思います。

あぺりらちゃんを失ったキャロラインさんを思うと
涙が止まりません
ご家族本当に深い悲しみの中にいらっしゃると思いますが
あぺりらちゃんが心配しないように
お体ご自愛くださいね。

あぺりらちゃん
ママの合言葉の元気で長生きして
ほんとえらかったね!
たくさんのかわいいをありがとう!
Commented by kazutanumi at 2023-10-29 20:26
あぺりらちゃん旅立ちましたか、、、悲しいですね。
最後優しい手に触れて安心して旅立てただろうと思います。

あぺりらちゃん、沢山の優しさと愛いに囲まれてると、
いつもこのブログを拝見して思っていました。
かけていた愛情が深い分、きっと皆さまの悲しみも深いだろうと思います。
でも、お身体を労わってくださいね。
Commented by may-1st at 2023-10-31 11:30
いつもコメントもしないままあぺりらちゃんの可愛い様子を見せて頂いていました。
ウチはオスですが、同じ茶トラで他人とは思えなかった。
何を見ても何をしていても心の中はあぺりらちゃんのことで一杯でしょう。
お身体に気をつけながら、楽しい思い出と共に過ごされるのが一番の癒しになるかもしれません。
存分に看病されたことはよかったですよね。
それは後々に大事なことなんじゃないかと思います。

あぺりらちゃん、どうか虹の橋で楽しく遊んでいてください。
ありがとうね、またね!

Commented by keiko at 2023-11-02 18:58 x
長い間、ブログを読ませて頂いて、初めてコメントをします。
私が大切にしていた猫が亡くなって、その子と同じ茶トラのあぺりらちゃんを見つけて以来、ずっと見てました。可愛いあぺりらちゃんと素敵なご家族に素敵なお家、幸せを絵に書いたような世界が広がっていて、いつも心和ませて頂いていました。あぺりらちゃんが具合が悪くなっても何度も持ち直して元気になっていく姿も本当に良かったなと思っていました。でも、こんな日が来るなんて。。。悲しくてたまりません。それでも、あぺりらちゃんとご家族の間には暖かい愛があったのだから、きっと、あぺりらちゃんは幸せだったと満足してくれていると思います。
今年の3月に別な子をリンパ腫で亡くしました。年齢も18才で、ご飯を食べても痩せてしまって、下痢をしていました。ずっと病院にかかっていましたが、原因が特定できず、別な病院で検査をしたら悪性リンパ腫でした。。。
下痢をしだして1か月で亡くなりました。闘病は辛かったと思います。
だから、Carolineさんのお気持ちはよくわかります。
だから、敢えて元気を出してなんて言えません。
でも、ひとつだけ言いたいことがあります。
「別れがこんなに辛くて悲しいのは、それが真の愛だったからなのです。」この言葉は、映画ホビットの最後の映画の中で言われていました。記憶が頼りなので、一言一句同じではないと思いますが。。。
私はこの言葉を聞いたとき、愛猫を失った悲しみさえも愛おしく大切なものに思えました。
あぺりらちゃんのご冥福をお祈りします。
また、CarolineさんやLauraさんやCharlesさんの元にあぺりらちゃんが戻ってきますようにお祈りしております。


Commented by u-tan1114 at 2023-11-02 19:47
キャロラインさん、ローラさん、
あぺりらちゃんが亡くなったことを知り、驚いています。
前の記事で元気になってきていてよかったと思っていました。
急だったのですね😢
あぺりらちゃん、最後まで頑張りましたね、偉かったですね。愛情たっぷりにかわいがってもらえて幸せでしたね。
ご冥福をお祈りしています。
ブログもお休みしてしまっているので、
気が付くのが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

キャロラインさん、ローラさんもお体に気を付けてくださいね。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-02 19:52
pinochikoさん

長らくあぺりらを可愛がって頂きましてありがとうございました。
あぺりらのことをそう仰って頂けて、本当に嬉しく有難いです。

いろんなことを乗り越えて頑張ってくれましたけれど、リンパ腫と言われてからは本当に早かったです。
抗がん剤によって良い時間ももらえたのですけれど、もう少し元気な時間が長かったら・・せめて予約したワンクール分だけでもやれていたらと。
欲を言えばきりがないのでしょうけれど。
でも、最後の最後まで、苦しい中頑張ってくれました。
いつも私達が、どんな時も諦めずに頑張っていこうと言っていて、あぺりらにも言い聞かせていただので、それを守ってくれたんでしょうね。
もう最後の苦しい中では、そんなに頑張らなくてもいいよって言いましたけれど、私達があぺりらに話したいことを全部言わせてくれて、お別れにたくさん時間をくれるために頑張ってくれたんだろうなと。
本当に優しく最後の最後まで私達のことを思ってくれていたあぺりらだと感じました。

これを書くだけで泣けてきて、まだだめですね。
でも、あぺりらが心配しますから、何とか気持ちを立て直していかなければと思っています。
ご心配頂きありがとうございます。
Commented by gogolotta at 2023-11-02 22:02
キャロさん、お久しぶりです。
あぺりらちゃんのこと、私もこちらでずっと見てきたので、本当に悲しいです。
寂しすぎますね…。
でもキャロさんのご家族に迎えられて、本当に最後まで幸せだったんだなぁと思います。
うちの猫達は、どの子もそんなふうに看取ったりできなかったので…。

あぺりらちゃん、お空からずっと見守ってくれてますね。
Commented by kyokocat at 2023-11-03 07:47
あぺりらちゃんがお空組になってしまったとのこと、びっくりしました。記事を読んだ後も、なんだか信じられなくて・・・。

可愛いくて、おしゃれで、おしゃべりで。
あぺりらちゃんがそこに居るだけで周りの空気がピンクにすら見えような、素敵な写真が大好きで、いつも癒やされていました。ふりかえってみれば、その空気感はキャロラインさんご家族からたくさんの愛情を注いでもらっているがゆえの幸福感のようなものだったのかな、と思います。

最後に手を握って見送ってあげられたこと、本当に良かったと思います。あぺりらちゃんも、そんなふうに見送ってもらえて幸せだったんじゃないでしょうか。

あぺりらちゃんのご冥福をお祈りします。
キャロラインさんもローラさんも、どうかご自愛くださいね。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-03 18:46
あずきのばあばさん

ばあばさん、長い間あぺりらを可愛がって頂きありがとうございました。
たくさんあぺりらにコメントを頂けてお喋り出来たことが楽しく良い思い出です。

思いのほか突然にあぺりらがいなくなってしまって、もうぼっかり穴が開いてしまったというか、どこを見ても何をやっていてもあぺりらがいないことを突き付けられてしまって、悲しくて悲しくて・・。
あぺりらが心配するからという思いだけで、かろうじていろいろなことをやっている感じです。
それを私にさせているあぺりらは、やっぱりすごいなとしみじみ思います。
「まもる」って元気な時から言ってましたけれど、きっと今もそうやって私達のことを守ってくれてるんだなぁと感じます。
あぺりらは本当に大切な大切な宝物でした。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-04 16:04
rinaさん

こちらにもコメント頂きありがとうございます。
あぺりらが亡くなってから2週間少し経ったのですけれど、悲しさ寂しさが募るばかりで、どうしたものかと思っています。
確かに亡くなる時も手を握って一緒にいて目の当たりにしていたのですけれど、今ふっと、本当に亡くなってしまったんだろうか・・なんて、未だ信じられないような気持ちになったりもしています。
ほんとに不思議なんですけれど。

そうですね、あぺりらはあちらの世界と我が家とを行ったり来たり出来てるんじゃないかと、私もそう思っています。
そう思うことで少しは力をもらえますし、あぺりらが見てるはずですから、何とかちゃんとしなくてはとも思うことが出来て。

心配性のあぺりらでしたから、私の今の様子を見て、さぞ心配してることだと思います。
何とか安心してもらえるように、しっかりしなければ。
そう思うそばから泣けてきてるので、いつしっかりするんだってあぺりらに言われそうですけれど・・。
いろいろとご心配とお気遣い頂き、ありがとうございました。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-05 17:01
かずたんさん

本当に急にこんな展開になりました。
やっと膵臓の値も落ち着いてきて、やれやれ良かった、これからは膵臓腎臓両方に気を配りながらさらに長生きを目指したいと思っていた矢先のことでした。
下痢は気になっていましたけれど、食欲もあり元気でしたから。
本当に悲しいです・・悲しいって言葉では表せないほど悲しいです。
最後まで手を握って、大丈夫だから、ここにいるからねって言って最期を迎えることが出来たのは、少しは苦しい中での怖さを軽くすることが出来たかなぁと。
好奇心は旺盛でしたけれど、怖い事、危ないことには近寄らない怖がりなあぺりらでしたから。

体調のご心配をありがとうございます。
悲しみが体に影響を及ぼしてるな・・と感じています。
何とか抜け出さなければと思っています。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-05 17:56
花豆さん

いつもご覧頂きありがとうございます。
そして、この度はコメントも頂けて、とても嬉しかったです。
花豆さんの猫ちゃんも同じ茶トラなんですね。
茶トラの茶色い毛の色、美しいですよね。
今日も晴れて夕方西日が部屋に入ってきていましたけれど、あぺりらの茶色に日があたって、キラキラ金色に光って見えて、いつも綺麗だなぁと思っていたことを思い出してまた涙しました。

こんな具合で、本当に何を見てもあぺりらがそこに居た思い出が蘇ってきて、なぜ今ここにいないんだろうと、そんなことばかり考えてしまっています。
元気を出さないとあぺりらが悲しむと思って、何とか無理やり動いている感じです。
看病も精一杯やりましたし、心から愛して可愛がってきましたので、そこは良かったなと思っていますけれど、それでもやはりいろいろな思いが残っています。
色々考えてもきりがないとは思うのですけれど。

温かいお言葉を頂き感謝です。
長い間あぺりらを可愛がって頂きましてありがとうございました。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-05 19:35
keikoさん

はじめまして。
長い間ブログをご覧頂いてたとのこと、本当にありがとうございます。
この度はコメントして頂き、とても嬉しかったです。
keikoさんの大切な猫ちゃんも茶トラさんだったのですね。
我が家のこと、あぺりらのことをそんなふうに仰って頂けて、大変有難く思います。

今年の3月に、リンパ腫で別の猫さんを亡くされてたのですね・・年齢も近く、痩せてきて下痢もしていて。
おんなじだと読んでいて胸が苦しくなりました。
keikoさんも猫さんも、どれだけお辛かったかと思います。
何でこんなにいい子が病気になって命を失わなければならなかったのかと、今もそう思って涙が出てきます。
私自身の体調のこともそうですけれど、健康のことばかりは予防に努めていても、どうしようもないことは多いですし、仕方のないことだとは思うのですけれど・・。

「真の愛」、そうですね、ほんとにそう思います。
良いことを聞かせて頂きありがとうございます。
本当に、あぺりらがまた私達の元に戻ってきてくれたらと願っています。
ありがとうございます。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-08 21:10
u-tanさん

ブログをお休みされてるのに、コメントを頂きありがとうございます。
そうですね、本当に、癌だと言われてからあっという間でした。
5月に膵炎が悪化してから、そこから這い上がるのが大変で、でも、何とか良くなってきて、症状はいろいろあったものの、数値は安定して、食欲も出てきていましたし、元気もあって、本当に良かった、今回も乗り切ってくれた、これからまた更に長生きして・・と思っていた矢先のことでした。

抗がん剤は8週間でワンクールと言われていて、8週目まで予約を入れていましたので、そこまではやれると思っていましたし、クリスマスお正月も一緒に、出来れば18歳の誕生日も迎えたい・・なんて思っていました。
最初の抗がん剤が思いのほか良く効いてくれて元気になってくれましたので、本当にそんなふうに思っていたのですけれど・・。
残念でなりませんけれど、あぺりらは本当に頑張ってくれたと思っています。
いつも頑張ろうねって言い聞かせていましたので、その通りに健気に頑張ってくれました。
本当に偉かったと思います。
あぺりらはほんとにすごいなって。
毎日泣いてばかりいてはそんなあぺりらにあわせる顔がないなと、何とか頑張ろうと思っています。
ご心配頂きありがとうございました。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-09 00:25
ロッタさん

ご無沙汰しております。
ロッタさんには本当に長い間あぺりらを可愛がって頂きましてありがとうございました。
本当に急なことで、まさか今年の10月にあぺりらがいなくなってしまうなんて、ちょっと前には全く想像もしていませんでしたので、心がついていけてなくて・・。

我が家の家族になってくれて、あぺりらには本当に感謝していますし、あぺりらを産んでくれたミケお母さんにも感謝です。
ロッタさんに仰って頂けたように、幸せだったなぁって思ってくれてるかな。
そうですね、きっとこれからもちょこちょこそばにいてくれて、見守り続けてくれるんじゃないかと思っています。
お声がけ頂きありがとうございました。
Commented by CarolineIngalls at 2023-11-09 20:47
kyokoさん

長い間あぺりらを可愛がって頂きまして、ありがとうございました。
私自身も、未だにあぺりらがいなくなってしまったことが信じられない気持ちです。
日々の中で不調なことはちょこちょことはありましたけれど、突然降ってわいたリンパ腫の診断のあとは、少しだけの元気な時間のあと、あっという間に弱っていって、本当にあっという間に最期を迎えることになってしまいましたから。
この目で実際に見て、この手であぺりらの手を握りながらの最期だったのですけれど、それでも今、ついこの前まで普通にしていたのに、ついこの間ここでお喋りしてたのに・・と、そんなことばかりが頭に浮かんできて、どうしてもいなくなってしまったことを受け入れられなくて、心がついていけてない感じです。

そんなこと、何十回何百回繰り返しても、仕方のないことだとわかっているんですけどね・・。
本当にどうしたらいいのかなといった具合です。

そこに居るだけで周りの空気がピンクにすら見えるような・・と仰って頂けて、本当に嬉しいです。
あぺりらもきっと喜んでると思います。
本当にいい子で、いつも私達を思ってくれてる優しい子でした。
別れがこんなに辛すぎるのは、私があぺりらのことを大好きになりすぎていたからだろうなと思ったりもしますけれど、だからと言って、私が適当な程度の愛情を持つくらいにしておけばよかったのかと言えば、やはりそんなことは考えられませんでしたし、あぺりらも私のことを大好きでいてくれたので、お互い大好きでいられたことは良かったなと思っています。

何かとりとめのないことを書いてしまいました。
泣いてばかりなので、なかなか書き進められずにいてお返事が遅れてしまいごめんなさい。
ありがとうございました。
Commented at 2023-12-12 15:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CarolineIngalls at 2023-12-16 15:56
鍵コメさん

お心のこもったお歌を頂けて、今胸がいっぱいです。
御礼をと思い書き出しましたけれど、言葉が見つからなくって。
それくらい有難かったですし嬉しかったです。
鍵コメさんもお父様を亡くされてたのですね。
お寂しい年の暮れとなられましたね。
そんな鍵コメさんの毎日、私達のブログや動画をご覧きながら過ごして頂けるなんて、とても有難いです。

今年のアドベントカレンダーは、いつも以上に私達にとって意味のあるものになっています。
あぺりらがLauraの作品の中でこれからも生き続けられるんだと気づいた時の、心の救いというか、気持ちの落としどころというか。
あぺりらを失った悲しみがあまりにも深いので、何かモチベーションを持たないと、今ある決して万全でもない健康すら失ってしまいそうな状況でしたので、あぺりらが亡くなってしまった今となっては、これしかない、これを一生懸命やってあぺりらにもう一度生きてもらいたいと。
そんな思いで日々描き、ブログにアップしている今日この頃です。
それを皆様にご覧頂き楽しんで頂けることこそが、あぺりらのこれからの命かなぁと思っています。

大草原の小さな家、しばらく私も見ていませんでしたけれど、また見てみたいです。
心よりありがとうございました。
Commented at 2023-12-19 06:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CarolineIngalls at 2024-01-05 20:14
鍵コメさん

さらに嬉しいお歌を頂いていたのに、見逃してしまってごめんなさい。
あぺりらのことがあってから、ボケボケな私です。
元々かしら・・でも更に酷くなってるような・・(^^;)

今、Lauraとふたりで何度も読み返して涙していたところです。
本当にありがとうございます。
心より感謝です。
<< あれから、ひと月半近く あたち、たいじゅうふえてきたよ >>




スイーツ&ハンドメイドアーティストのLauraの作品と、母キャロのガーデニングと文章、愛猫あぺりらの様子も。 何気ないちいさな毎日を、ていねいに大切に。
by Caroline & Laura



S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 家族

夫 Charles
私 Caroline
娘 Laura  スイーツアーティスト・ハンドメイドアーティスト
(大好きな「大草原の小さな家」の皆さんから、名前を頂戴しました)

猫 あぺりら(女の子)


東京都出身。


携帯でも見てね。




日本アイシングクッキー協会
認定講師資格取得

シダックスカルチャーワークスで猫練りきりの講師を努めさせて頂きました


猫の日の猫ケーキを
    取り上げていただきました

InStyle
J-CASTニュース
The Huffington Post
  English ver. 日本語ver.
ROCKETNEWS24
NAVERまとめ  
The Animal Rescue Site Blog
HOMEMADE


その他猫経済新聞や、たくさんのサイトやツイッターにも取り上げていただきました




イースタークレイドールが
tetoteハンドメイドアワード2015
株式会社サン-ケイ賞を頂きました




「猫ぐらし2016年春号」に、猫スイーツを3ページにわたり掲載して頂きました。


「猫ぐらし2015年夏号」に、猫スイーツを3ページにわたり掲載して頂きました。


猫の日のジャースイーツをご紹介いただきました
猫ジャーナル
猫知る
ヤフージャパンビューティー


猫エクレアをご紹介いただきました
猫ジャーナル
Bored Panda
Food Network
stern
mother nature network


猫ジャーナルで2014年の
アドベントカレンダーをご紹介いただきました


第8回ポストカードコンテスト
写真部門優秀賞

第9回ポストカードコンテスト写真部門賞連続受賞させて頂きました

第10回ポストカードコンテスト佳作を頂きました


サントリー花ヂカラフォトコンテストで佳作を頂きました


デジカメ年賀状工房2015に掲載していただきました


クオカクリスマスフォトコンテスト2013でヘクセンハウス賞を頂きました


エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

ピックアップブロガー2014.09.22
あぺりらハロウィンマント2014.10.27
あぺりらハロウィンティンカーベル2014.11.13
きのこブローチ2014.12.13
ジンジャーマンクッキー2014.12.14
お菓子の家2014.12.26
あぺりら羊ドレス2015.01.29
バレンタイン友チョコカップケーキ2015.02.27
お彼岸の牡丹練りきり2015.03.31
イースターカップケーキ2015.04.23
3月の編集部おすすめ記事・猫エクレア2015.04.06
夏至のキャンドルナイト&父の日のストール2015.06.26
浴衣あぺりら2015.10.02
9月の編集部おすすめ記事・金魚をのぞく猫2015.10.13
十五夜うさぎ練りきり2015.10.20
ハロウィンハリーポッターアイシングクッキー2015.11.26
「にゃんだらけvol.1」2016.1.25
「小さい春、み~つけた!」当選2016.0407
こどもの日の鯉のぼり練りきり2016.06.11
夏キャンペーン注目写真・猫のラジオ体操アイシングクッキー2016.07.28
プラチナブロガースタート2016.08.04




お気に入りblogはこちら

 カテゴリ

全体
掲載
お菓子
パン
料理
ビーズ

食材
手しごと
ガーデニング

雑貨
イラスト
告知
猫イラスト

イベント
大草原の小さな家
おしゃれ
その他

 以前の記事

2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
more...

 最新のコメント

あずきのばあばさん ..
by CarolineIngalls at 18:06
たまごサンドをガブリと食..
by tarohanaazuki at 15:28

 検索

 タグ

 ファン

 ブログパーツ

 記事ランキング

 ブログジャンル

 画像一覧